スキンケアの差?肌が綺麗な人と汚い人の違いを解説!

肌が綺麗な人と汚い人の差は一体なんなのでしょうか?

 

簡単に言ってしまえば、肌が綺麗な人はターンオーバーが正常に行われている人です。

 

肌のあらゆる不調はターンオーバーの低下が原因となっています。

 

肌の細胞の生まれ変わりのサイクルは約28日周期となっていますが、肌が汚くくすんでいるような人は、このターンオーバーの周期が乱れて角質が生まれ変わるスピードが遅くなってしまっているか、もしくはその真逆で細胞が出来上がる前に表皮として前面に露出してしまったために、未熟な状態の角質となってしまっているために、肌トラブルが起きてしまっています。

 

この肌トラブルを起こさないようにするには、肌の真皮の状態を正常に戻す行為が必要になります。

 

真皮を補修するには時間がかかるので、即効性を求めないように注意してください。

 

真皮の補修

真皮は表皮の奥にある細胞で、正常な肌状態の人であれば角質のバリア機能によって紫外線から守られているし、肌内部が乾燥しないように水分が蒸発しないようになっているのですが、肌に何かしらのトラブルを抱えていると角質のバリア機能が弱まるために乾燥してしまいます。

 

肌が綺麗な人は若く見えますが、その理由はくすみがないことにあります。健康な肌は光を反射するのですが、汚い肌は水分がないので光を反射することができずにくすんでみえるのです・・・。⇒若く見える人が行うスキンケアとは?

 

真皮の補修をするのに最適なのは、保湿をこまめにしてあげることです。角質のバリア機能が回復するまでは化粧水でこまめに保湿をしてあげないと肌が乾燥してしまうので、ちょっと多いかなという位に塗りましょう。

 

くすみやしわ、シミ、たるみなど多くの肌トラブルの元は乾燥によるターンオーバーの低下が原因ですので、まずは乾燥させないことから始めることをおすすめします。